和倉お湯物語

~ 湧浦湧浦と 家なら七つ
    嶋に湯が出にゃ 誰行こや ~

湯脈発見伝「シラサギ伝説」

日本でも珍しい"海の温泉"が湧き出る和倉には、一羽のシラサギによって湯脈が発見されたという言い伝えが残っています。

和倉温泉の歴史は、およそ1200年にはじまります。大同年間(806年~810年)の温泉湧出の後、地殻変動により沖合60メートルの海中に湧き口が移動したと伝えられます。それから時代を経た永承年間(1046年~1053年)、和倉に暮らしていた漁師夫婦によって湯脈が発見されました。七尾湾の沖合で、傷ついた足を癒すシラサギを見つけた夫婦が、不思議に思って近づいてみると……、そのあたりから温泉が湧き出ていることが分かったのです。

湯壷の写真

「湯治の湯」として人気に火をつけた加賀藩主

慶長16年(1611年)、加賀藩二代藩主・前田利長が腫れ物で困った折、「涌浦の湯」を取り寄せ治療したことから和倉の湯の評判が高まります。そこで、寛永18年(1641年)、湯治の湯として利用しやすいように、加賀藩三代藩主・前田利常が湯口の整備を命じ、周囲を埋め立てて湯島を造らせました。

これ以降、和倉には多くの湯治客が訪れるようになり、"涌湧浦湧浦と 家なら七つ 嶋に湯が出にゃ 誰行こや "と和倉を唄った里歌が流行ったほど。「温泉が湧いていなければ、家が七軒しかない和倉に誰が行くだろう」と唄ったものです。いつしかそんなやっかみが出るほど、人気の温泉街となりました。

湯島の埋め立てが進み、橋も架けられ、承応3年(1654年)に「宿方稼」の許可が出ると、大きな湯座屋や鉱泉宿、内湯宿が建てられました。延宝2年(1674年)には加賀藩の命により、書き間違いを防ぐため「涌浦」を「和倉」と改めます。その後、幕末には評判が評判を呼び、遠く京都の公家や大阪の豪商、絵師や俳人なども訪れるようになりました。

江戸時代の図

皇族も和倉温泉へ

明治42年(1909年)、のちの大正天皇となる東宮殿下が初めて和倉に行啓されました。それ以後、高松宮殿下・常陸宮殿下などの皇族が多々来訪されています。東宮殿下行啓の際には、記念はがきも2種作られました。

皇族の写真1
皇族の写真2

世界が認めた泉質

時が流れ、明治4年の廃藩置県の際、村人の尽力により和倉の湯権は藩から民へと渡りました。さらに明治12年から13年にかけて湯島までの埋め立てが進み、ついに陸続きとなります。また、その年にはドイツで開催された万国鉱泉博覧会で和倉の湯が三等賞を受賞。世に名声を博しました。以後、常に豊富で良質なお湯を利用していただくため、試行錯誤を繰り返し、今日につながっています。

湯壷の写真

空中おさんぽ体験!ムービー

和倉上空からドローンで撮影!
通常では見られない視点から、
和倉のロケーションをご堪能あれ。

泉質•効能

塩の恵みがもたらす3つの効果。

和倉温泉のお湯は、"海の温泉"ならではの豊富な塩分が特長です。

塩の恵みの三大効能

傷や皮膚病に作用する「殺菌効果」

塩分が皮膚に付着することで汗の蒸発を抑え、湯冷めを防ぐ「保温効果」

塩分が毛穴を引き締め、肌をなめらかにする「美肌効果」

そのほかリウマチ、痛風、神経痛、貧血、虚弱児童、慢性婦人疾患、アトピーなどに効果があり、胃腸痛や貧血症、肥肝症などに飲用効果があるとされています。この優れた泉質と薬効は世界的にも高い評価を受け、明治13年にはドイツで開催された万国鉱泉博覧会で「世界三等鉱泉」の栄誉に輝いています。

湯壷の写真
泉質
ナトリウム・カルシウム─塩化物泉(高張性弱アルカリ性高温泉)
泉温
89.1度
湧出量
1日 14,399石(2,618t)
温泉現況
和倉温泉は4つの源泉から1日あたり2,675立方メートル(毎分 1,857.6リットル)の湧出があり、そのうち1,242立方メートルを和倉温泉合資会社(和倉温泉唯一の温泉配湯会社)から各旅館が配湯を受けております。
泉温は89.1℃と高温で、無色、透明、無臭であり、泉質はナトリウム・カルシウムー塩化物泉(高張性弱アルカリ性高温泉)です。適応症及び禁忌症は下記の通りです。
浴用の適応症
1. 慢性関性リウマチ
2. 慢性筋肉リウマチ
3. 痛風
4. 関節結核
5. 神経痛殊に坐骨神経痛
6. 神経炎
7. 神経麻痺
8. 腺病質又は虚弱児童
9. 貧血殊に萎黄病
10. 慢性婦人科疾患
飲用の適応症
(本鉱泉を2倍にうすめて
飲用する)
1. 慢性胃カタル殊に
  胃酸減少症
2. 胃腸アトニー
3. 弛緩性便秘(冷却して飲用)
4. 貧血症
5. 肥胖症
6. 腺病質
浴用の禁忌症
1. 心臓病代償機能不全
2. 高度の動脈硬化症
3. 高血圧
4. 興奮系の神経症
5. 急性皮膚病
6. 悪性腫瘍
7. 急性伝染病
8. 肺結核
飲用の禁忌症
1. 胃酸過多症殊に冷食塩泉の
  飲用は禁忌である
2. 胃潰瘍
3. 十二指腸潰瘍
4. 腎臓炎
5. ネフローゼ
6. 一般に浮腫のある患者
吸引療法適応症
1. 慢性気管支カタル 2. 咽喉カタル

和倉温泉旅館協同組合加入旅館の温泉使用状況については以下の通りです。尚、温泉は高温のため、温度調整目的で加水する場合があります。

旅館名
源泉
加賀屋
和倉温泉5号8号10号13号源泉
あえの風
 〃
きまま、旅館ライフ 虹と海
 〃
ホテル海望
 〃
天空の宿 大観荘
 〃
多田屋
 〃
奥田屋
 〃
ゆけむりの宿 美湾荘
 〃
旅亭 はまなす
 〃
宿守屋 寿苑
 〃
お宿 すず花
 〃
湯の華
 〃
味な宿 宝仙閣
 〃
大正ロマンの宿 渡月庵
 〃
能州いろは
 〃
花ごよみ
 〃
日本の宿 のと楽
 〃
湯快リゾート 金波荘
 〃
十番館
和倉の源泉ではありません
はまづる
和倉温泉5号8号10号13号源泉
1