信行寺書院(和倉御便殿供奉殿)しんぎょうじしょいん


明治42年、皇太子であった大正天皇が北陸行啓の際に建設された御便殿の一部で、随行員の控室である供奉殿である。昭和35年に信行寺移築。廊下の「うづくり」と呼ばれる杉板が見どころ。2017年10月には御便殿を国登録有形文化財として登録されました。

■DATA
場 所/七尾市和倉町ソ11-1
建造年/明治42年(1909)
派/真宗大谷派

季節の能登ムービー

LANGUAGE»日本語|English

3