通年

青林寺客殿(和倉御便殿本殿)せいりんじきゃくでん


御便殿は明治42年(1909年)に東宮殿下(後の大正天皇)が和倉行啓の際の休憩所として建てられました。
総檜造りで、特に御座所の格式高い折上げ格天井が見どころです。2017年10月には御便殿を国指定登録有形文化財として登録されました。

■DATA
場 所/七尾市和倉町レ部61番地
建造年/明治42年(1909)
ご開山/孤峰白巖大和尚
開 基/越澤太助 大田多吉
ご本尊/薬師如来
※座禅体験、写経体験できます。

詳しくはコチラ!

季節の能登ムービー

LANGUAGE»日本語|English

3